事例紹介事例紹介
CASE

事例紹介

自治体様向けソリューション

新たな地域防災ソリューションへの取り組み

災害の増加と広域化・長期化が懸念されている今、住民の地域防災への期待の高まりとニーズの変化に対応した、災害時における市民生活の早期安定化や、行政サービス向上を実現する新たな防災ソリューションが必要とされています。

地域防災を取り巻く環境の変化

近年、住⺠避難を余儀なくされる災害は、地震のみならず台⾵、洪⽔など、より短い周期で⾝近に起こるようになってきました。
⼀⽅、災害発⽣による避難⽣活にあたっては、従前からの⾷糧等の物資、給⽔などに加え、スマートフォンなどの電源供給、情報発信など新たなニーズが⾼まっているとともに、地⽅⾃治体の避難所など公的施設に対して広域化・長期化する災害への対応が求められてきています。

変化する災害時の地域住民への対応内容

変化する災害時の地域住民への対応内容変化する災害時の地域住民への対応内容

民間施設への期待

また、生活物資の確保や簡易な充電といった災害時における市民生活のより早い安定化に向けて、⺠間施設(スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアなど)を防災拠点として活用していく事に対する期待も高まっています。

施設機能維持には電力供給がネック

もっと⺠間施設を活⽤できれば、住⺠⽣活の早期安定化に繋がりますが、⺠間施設の維持には「安定かつ迅速な電⼒」提供が必要であり、現状では電⼒会社の復旧、最低限の⾃家発電など⾃衛措置に委ねられているのみです。

地域防災を取り巻く環境の変化

災害時の「新たなエネルギー・ソリューション」のイメージ

災害時の「新たなエネルギー・ソリューション」のイメージ災害時の「新たなエネルギー・ソリューション」のイメージ

近年、住⺠避難を余儀なくされる災害は、地震のみならず台⾵、洪⽔など、より短い周期で⾝近に起こるようになってきました。
⼀⽅、災害発⽣による避難⽣活にあたっては、従前からの⾷糧等の物資、給⽔などに加え、スマートフォンなどの電源供給、情報発信など新たなニーズが⾼まっているとともに、地⽅⾃治体の避難所など公的施設に対して広域化・長期化する災害への対応が求められてきています。

ソリューション事例

  • 千葉市様とは、2019年2月に災害時の新たなエネルギーインフラに関する共同検討の協定を締結して以降、千葉市様の「災害に強い街づくり」に繋がるソリューションを検討、ご提案するとともに、2019年の台風15号・19号襲来時には停電避難所へEVによる給電を提供するなど、千葉市様の街づくりに協力しております。